こんにちは。伊丹展示場の森下です。
『SE構法ガレージハウス3階建の家』の建築現場リポートVol.8をお届けします。

前回のブログ→『SE構法ガレージハウス3階建の家』の建築現場リポートVol.7

ビルトインガレージ3階建てのSE構法の家は、先月完成しご入居されました。

すっきりとしたデザインに仕上がりました。
その理由の1つは、屋根が見えない点にあります。
実際は、緩い勾配(傾斜)の片流れ屋根が掛かっていますが、家の顔となるファサード面(正面)は、人の目線の高さからは屋根が見えないように設計しています。屋根の面の部分が見えないので、箱状のすっきりしたデザインに見えるのです。
もう1つは、窓のデザインです。敷地が北向きということもあり、ファサード面の窓を小さく、デザイン性の高い窓にすることで、すっきりとした印象に仕上げています。
2階の横スリット窓3つは、腰高の引き違い窓1つでも良かったのですが、ここからの景色を楽しむという窓では無かったので、採光と通風を満たし、デザイン性を求めた結果、横スリット窓を3つ付けることとなりました。

後ほど、プロのカメラマンによる写真撮影を行わせていただくので
施工例ページと、ブログにアップ予定です。

 

前回のブログ→建築現場リポート『SE構法ガレージハウス3階建の家』-Vol.7-

SE構法についてはこちら→https://www.sanwakensetsu.co.jp/sanwa-se/