宝塚の建設会社、三和建設|スタッフが会社の様子をお届けいたします。
三和建設のスタッフブログ

新本社建設プロジェクト

新社屋現場見学会

宝塚は不安定なお天気が続いています。三連休の初日、ご家族での旅行やお子さまの運動会を予定されて いた方には、少し残念な空模様となってしまいました。       昨日も朝から雨が降っていた宝塚 …

階も上がってきています

新社屋の建築工事は3階部分の型枠工事まで進んでいます。 1階部分は林立していたポストも外され、型枠も外されています。まだ多くの資材が置かれているもののコンクリート建物が持つ重厚さが漂い始めている感じがします。 新社屋の外 …

台風18号

日本列島を南から北まできれいになぞるような進路が予報されている台風18号。 既に大きな被害を受けている地域もあるようですが、ここ宝塚は、風はあるものの、雲の切れ目も見え、今現在まだ直接的な影響は受けていません。 これから …

新社屋にも「アイビー」を

新社屋の建設に伴い、宝塚・旭町にある三和建設本社には、現在、社内の約半数にあたる社員が勤務しています。 その社屋の外壁を装う「ツタ」は見た目にとても印象的で、三和建設のシンボルとして定着しています。   この「 …

2階床コンクリート打設しました

長い夏休みも終わり、新社屋建設現場も稼働しています。   2階床のコンクリート打設のこの日、現場にはミキサー車とコンクリートを圧送するポンプ車が到着していました。 一度打設を始めるとコンクリートが硬化し始めるの …

改正FIT法

FIT法。「フィットほう」と読めばいいのでしょうか。読みは簡単ですが何のことやら。 FITは、Feed-in Tariffsのそれぞれの単語の頭文字から取られた言葉で、意味は「固定買取価格制度」です。 太陽光発電などで作 …

現場も夏休み

新社屋の建設現場も夏休み中です。 協力会社の皆さんが不在の現場内に作業を待つ建物が佇んでいます。 配筋、配管がなされています。配管の筋をじっと見ていると、(万が一計画を間違えたらえらいことやな...)と感じてしまいます。 …

家のことなら三和建設へ!懸垂幕を刷新しました

本社の懸垂幕を刷新しました。 不動産仲介、新築請負、リフォーム増改築。当社がお客様に提供できる商品・サービスの一部ですが、新しい懸垂幕に掲示しました。 古い懸垂幕をおろし、 新しい懸垂幕を結束し、掲げていきます。 現場に …

鉄筋工事

兵庫県や大阪府の最高気温が34度以上になるとの酷暑の予報の中、新社屋の建築工事は着々と進んでいます。 鉄筋工事の様子です。昼休みの時間帯にもかかわらず作業をされています。 鉄筋の端を曲げて、所定の場所に組み込む準備をされ …

配筋工事

高温が続く天候の中にあっても、新社屋の建設現場は止まらずに進んでいます。上の写真は1週間前の現場の様子ですが、今日は下の写真のように作業が進められています。 鉄筋を組んでいる作業中です。作業員の方の作業服が膨らんでいるよ …

ふと目にとまる広告

社員が目にした広告看板です。 「当社が携わった建物の写真を広告に利用していただいていることが嬉しかった。これからも責任感を強く持って仕事に励もうと感じた。」と言ってました。   新社屋の工事は、型枠工事に進んで …

埋め戻し工事

1週間も現場を見なければ、工事はどんどん進んで、現場の様相は変わっています。 地中梁を覆い隠す土が現場に絶え間なく運び込まれ、埋め戻し工事が続きます。 排水ポンプで雨水を抜いた後は土が入れられます。 地上の工事を待つかの …

基礎配筋検査

着々と工事が進む新社屋建設現場で、昨日は基礎の配筋検査を行ないました。   「配筋検査」とは、鉄筋コンクリート造の建物において、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。 検査を行なうのは、プ …

鉄筋工事

紫外線がきつそうな天気の中、新社屋建設現場は鉄筋工事が進んでいます。 この現場で使う鉄筋は最も太いものが直径29ミリ。一本ずつ協力会社の方々が作業場に下ろしていかれます。 作業されている方々は全員保護手袋を着用しています …

タワークレーンの組み立て

タワークレーンの基礎が設置された翌朝、現場にはクレーンの部材が運び込まれてきました。 架台に取り付けられた旋回フレームと、クレーンの腕部にあたるブーム(ジブ)をつなぐ ガントリーを組んでいきます。 午前中の作業は、ここで …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © スタッフブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.