外張り断熱住宅のアンサンブル produced by 三和建設(西宮・宝塚・芦屋・伊丹・尼崎の注文住宅)

幸せ育む、外張り断熱の住まい

 
アンサンブル 外張り断熱の家:三和建設  
三和建設公式サイト プライバシーポリシー
ATuāH OfM̐\ vEi 悭邲 ₢킹Ek
 

外張り断熱の魅力

1年中快適人も住まいも健康エコで省エネ広々空間

1年中快適

冬、暖房しても足元が寒かったり、人の居る部屋から廊下に出ると震えるほど寒いのがこれまでの日本の住まいですが、「外張り断熱工法の家」なら、外の寒さ・暑さに左右されることはほとんどなくなります。

また、外から断熱材を張ることで、気密性が高くなり、24時間計画換気システムが無駄なく空気を入れ替えます。

外張り断熱:夏のイメージ 太陽からの強い日差しを受ける屋根や
壁を外側から断熱材ですっぽり包むことで
熱をためこみにくくします。
外張り断熱:冬のイメージ 家全体を断熱材で包み込むことで
室内の暖房の熱が外に逃げるのを抑えます。
外張り断熱:春・秋のイメージ 冷暖房の必要が無い時期には、
窓を開け、さわやかな風と空気を取り入れます。

人も住まいも健康ページの先頭へ

外張り断熱の家では、家の中での「結露」が発生しにくくなります。


結露とは、室内の壁、壁と外気の間に大きな温度差を生じることで起こります。
暖かい部屋の中にあっても、外からの冷たさがそのまま伝わってくることにより、
びっしょりと水滴でぬれてしまうのが結露です。
そして結露が繰り返し起きることで、カビやダニが発生してしまいます。
その結果、シックハウス症候群やアトピーになることも…。

また、結露は目に見えないところでも発生することがあります。
それは建物にとって恐ろしい「躯体内結露(壁体内結露)」というものです。
家の構造部分、つまり壁の内部でも結露が起こり、徐々に家が傷んでしまうのです。

外張り断熱の家なら、そんな結露の心配はありません。
壁の外側から家全体をすっぼりと断熱材で包むので、
室内の結露はもちろん、躯体内結露の心配もなく、健康で長持ちする家になるのです。

外張り断熱の温度変化

内断熱工法の温度変化

 

エコで省エネページの先頭へ

外張り断熱はエコで省エネ

断熱性の高い、外張り断熱の家は冷暖房が効きやすく、
適温をキープしやすくなります。
家の中に温度差がないので、冬は18℃~22℃でも
寒さを感じにくく、夏もエアコンの除湿機能を上手に利用すれば26℃~28℃でも、とても快適になります。
外張り断熱の効果は冷暖房費の節約につながり、
環境にも家計にも負担がかからない生活が
可能になります。

 

広々空間ページの先頭へ

外張り断熱の家では、
家の中の温度ムラが少ない環境を維持できるので、
間仕切りのない広い空間づくりが可能です。
屋根も外張り断熱なら
小屋裏にムッとした熱がこもらないため、
絶好の趣味の部屋として
ロフトを設けることも可能です。

イメージ画像
ページの先頭へ