宅地建物取引業法改定に伴い、2018年4月より中古住宅取引の際にホームインスペクションの説明が義務化されたのはご存知でしょうか?

ホームインスペクションの説明とは、媒介契約時、売買契約前の重要事項説明時等において、その建物がホームインスペクション(住宅診断)を受けた履歴があるか”、または”今後実施する意向があるか”を確認するというものです。

分かりにくいかもしれませんが、ホームインスペクションの実施が義務付けられるわけではありません。

 

ホームインスペクションとは?

では、そもそも「ホームインスペクション」とは、何でしょうか。
ホームインスペクション
とは、住宅状況を調査したり検査したりすることで、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が行います。

第三者的かつ専門的な立場から、建物の劣化状況不具合の有無を見極め、所有者様にアドバイスを行います。
皆様になじみ深いところでいうと、「健康診断」をイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

 

ホームインスペクションの有効性

ホームインスペクションの目的は、「ホームインスペクション(住宅診断)を行うことによって売主と買主の不安を解消する」ということです。

建物の状況や不具合の箇所等をチェックしますので、建物の状況調査・検査結果を既存住宅購入の際の判断材料として用いることができます。
また、”購入してすぐに大きな瑕疵がが見つかり、その補修工事に大きな負担が生じる”などのようなことがないように、リスクを抑えるためにも有効なのです。

他にも、ホームインスペクションを実施することにより、精密な検査が必要か否か、また補修やリフォームが必要か否かをご報告することができるのです。
「古くなった」や「痛んできた」、「使いづらくなった」などの理由からリフォームをお考えになる方が多いと思います。
しかし、長く快適にお住まいになるためには、住まいの状態をしっかりチェックした上で、適切なメンテナンスをすることが必要なのです。

 

◆ホームインスペクションを実施した住宅・マンションを購入する場合のメリット

  1. 独自の住宅調査・検査項目のチェックシートで有資格者が調査・検査するので安心感が増す。
  2. 不具合や改善点、補修が必要な箇所がわかる。
  3. 入居後に発生しうるトラブル(瑕疵など)を未然に予防できる。
  4. 中古住宅のメリット・デメリットを理解した上で購入を判断できる。
  5. 報告書はリフォームや修繕工事を依頼する時の参考になる。
  6. 報告書は将来の売却時に「住宅履歴」として利用することができる。

◆ホームインスペクションを実施した住宅・マンションを売却する場合のメリット

  1. 購入者に安心感を与えることで、販売しやすくなる。
  2. 購入後のクレームやトラブルを軽減することができる。
  3. 販売前に補修・リフォームすべき箇所が分かる。

※上記のメリットは、あくまでも想定です。メリットを保証するものではありませんので、予めご了承ください。

 

ホームインスペクションを依頼したい!と思ったら…

このページをご覧になって、「ホームインスペクションを依頼したい!」「詳しい話を聞きたい!」と感じた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社には、ホームインスペクターの有資格者が在籍しています。
新築もリフォームも携わった経験から、知識と技術力を備えていますので、ぜひともお気軽にご相談ください。