お客様インタビュー【T様邸】

CASE-8
燦々と陽が差し込むキューブハウス

 

●建築場所/宝塚市
●建物構造/木造 SE構法(重量木骨の家)

・敷地面積 /389.65㎡
・1階床面積/  65.25㎡
・2階床面積/  64.00㎡
・延べ床面積/119.25㎡

Q1. ご新築をお考えになったきっかけは?

(ご主人様)ここには元々、私の祖母の家がありました。
祖母が亡くなってからは空き家で、それがもったいないと感じて一人で住んでいたんです。
結婚を機に大阪のマンションに引っ越しましたが、子供も生まれ、宝塚に戻って祖母の家を建て替えることにしました。

 

Q2. 三和建設にご相談いただいたきっかけは

会社の先輩が三和建設さんで家を建てていて、「いつでも紹介するから」と勧められていました。
ですから、建て替えることを検討し始めた時に、先輩から紹介してもらったのがきっかけで、三和建設さんの伊丹展示場でご相談をさせていただきました。
ただ、複数の会社でお話をお聞きしたいと思い、当初は三和建設さんの他にも4社、お話を伺っていたんです。

 

Q3. その中で三和建設に依頼された理由またはきっかけは

一番の決め手は、宝塚に精通していることでした。
宝塚で家を建てるなら三和建設さんにお願いしたら”間違いない”と感じました。

あと、SE構法をご提案いただいたことも私たちにとっては大きかったですね。
実はお話を伺う前からインターネットで色々と調べていて、地震に強いということからSE構法に魅力を感じていました
ですから、SE構法をご提案いただいて嬉しかったんです。

他の建設会社と違うところといえば、賃貸管理をされていることも魅力でした。
ここは土地が広いので、土地の一部を駐車場にして人に貸すことも考えていました。
そのお話をすると、三和建設さんには賃貸管理を専門に扱っている部署があり、駐車場の管理もされているため、私たちの駐車場の貸主募集のご協力もいただけると伺いました。

宝塚に精通していて、SE構法で建てられる会社。
それに加えて、駐車場の借主募集のご協力もいただける。
ここまでは他の建設会社では出来ないなと感じ、三和建設さんにお願いする事にしました。

 

Q4. 家づくりでこだわったところはありますか

リビングデザインにはこだわりました。
とにかく広いリビングが良かったので、実際に完成した家を見たときも「リビングが広い!」と感じて満足しています。

あとは、キッチンも対面キッチンで、反対側には造作でカウンターを作ってもらったり、玄関からすぐ浴室へ行けるように玄関からの導線を2方向にしてもらったり、色々と希望を叶えてもらいました。

 

Q5.三和建設の担当者の対応はいかがでしたでしょうか

実は営業担当の田上さんは、最初とっつきにくいなぁと感じていたんですよ。
「三和建設さんはやめておこうか」と話をしていたぐらい(笑)。
でも、実際は家のことだけではなくお金の工面のことなども含めて、本当に色々と相談にのってくださったので、今では「田上さん無しではここまでたどり着けなかったんじゃないか」と思うぐらい感謝しています。

田上さんは、私たちが気が付かないような細かいことまでアドバイスしていただいたり、メーカーのショールームにも毎回一緒に来てくださったりして、本当にお世話になりました。
メーカーのショールームでは、私たちが言いにくいことでも田上さんからショールームの方に話をしてくださって、助けていただきました。

それに、行動が早かったのも有り難かったです。
契約後に家族全員でインフルエンザにかかったり、出産や子供の入院があったりでバタバタしていた時期がありました。
そんな時でも田上さんは、わざわざ病院に来てくださって。
本当に助けていただきましたよ。

ですから、最初の印象からはガラリと変わって、田上さんに担当していただいて良かったと感じていますよ。

設計担当の太田さんは、最初から最後まで印象は変わらず、寡黙でクールなイメージです。
だからといって決して冷たいわけではなく、私たちもずっと太田さんに頼ってばかりでした
突然提案を変えてわがままを言ったこともありましたが、嫌な顔一つせず、全くミスなくしていただいたので感謝しています。
近所に親戚が住んでいるのですが、引き渡し後、家を見に来た時に「三和建設さんは評判がいいよ」と言っていましたよ。

実は後輩も同時期に三和建設さんではなく別の建設会社で家を建てていたのですが、「ミスが多く、担当者と言い合いになる事が多かった」と聞きました。
その建設会社、実は私たちも候補に入れていた会社だったんです。
でも、私たちは「そんなミスが起こるの?」と信じられないぐらい、三和建設さんはミスなく円滑に工事をしてくださいました

 

Q6. 三和建設に依頼して、結果いかがでしたでしょうか

三和建設さんにお願いして良かったと感じています。

建築中も現場を月1回以上は見させてもらっていました。
基礎の部分は建てている時にしか見られないとお聞きしていましたしね。
確かに基礎や躯体は、床や天井、壁が出来あがってしまうと見ることが出来ないので、構造体がきちんと施工されていることを実際に見せていただけて安心しました。

それに、雨の日にはきちんとブルーシートで覆って、木材が濡れないようにしてくださっていたのも印象的でした。
実は他の建設会社の現場で、大雨でも養生されておらず木材が濡れている現場を目にしたことがありました。
その時、「これで大丈夫なんだろうか…」と不安に感じていました。
でも、三和建設さんの現場はきちんと養生されていたので、安心してお任せできましたよ

丁寧に家を建ててくださり、ありがとうございました。

 

Q7. お気に入りの場所はありますか

テレビの背面に使用したエコカラットはアクセントになっていて、おしゃれで気に入ってます。
それと、白を基調としたクロスの中で、一面だけグレーのクロスにしました。
これは友人からもおしゃれだと好評なんです。
どちらも設計担当の太田さんが提案してくださったことなんですよ。

あと、テレビの周辺でもう一つ。
テレビを照らす間接照明も気に入っています。
これは、営業担当の田上さんが一緒にショールームに行って「かっこいいよ」と勧めてくれたんです。

照明つながりで言うと、キッチン上の間接照明もですね。
正直、設計担当の太田さんに提案していただいた時は、「デザイン性だけで照明の効果はないんじゃないか…?」なんて思っていました(笑)。
でも、実際に使ってみると他の照明をつけなくても十分なぐらい明るくて。
デザイン性と機能性を兼ね合わせていることを実感して、気に入っています。

 

Q8. 三和建設の家にお住まいになってから何か感じることがあれば教えてください。

まず、光熱費が安くなりました
以前住んでいたところよりも広くなったので「当然高くなるだろう」と思っていましたが、安くなっていて驚きました。

それと、私たちはアレルギーがあるので以前まではアレルギー症状が出ることもあったのですが、三和建設さんの家に引っ越してからはアレルギー症状も出にくくなり、風邪もひかなくなりましたね。
家が快適なので、家で過ごすことが増えましたよ。

 

Q9. その他、伝えたいことはありますか

実際に住んでみたからこそ「こうしたらよかったかな…」と感じるところも正直ありました。
それは、「照明のスイッチの高さ」や「玄関の門扉の鍵の高さ」です。
どちらも今の高さだと子供が触れてしまうので、もう少し高いところにしたら良かったかなと思いました。
特に玄関の門扉の鍵は子供が勝手に出てしまわないようにと思って鍵付にしたので、開けられてしまう今の高さよりももう少し高ければ良かったかなと。

でも、それは三和建設さん以外の建設会社にお願いしていても同じ結果でしたでしょうし、子供たちも今だけだと思っています。
その後のことを考えると、やっぱり使いづらい高さにするよりも、今の使いやすい高さの方が良いのだろうなとは思いますので、今は少しの間と思って我慢する事にしました(笑)。

あとは脱衣所をもう少し広くしていたら良かったかなと感じていますね。

 

とはいえ、色々とご提案いただいたのは本当に有り難かったです。
リビングの掃き出し窓の「バーチカルブラインド」を、私たちは全然知らなかったのでご提案いただいて良かったと思っています。

あと、和室の吊押入れの下も高さがあって広いので、掃除がしやすくてよかったと思っています。
友人から「吊押入れの下は埃がたまりやすい」と聞いていたので、三和建設さんのショールームで吊押入れの下が広くなっているのを見て「いいな」と感じて取り入れてもらいました。
床が見えている分、広く見えますし、良かったなと感じています。

 

Q10. 今後、三和建設に望むことはどのようなことでしょうか?

実は別の会社で建てた後輩は、建物を引き渡した後、担当の方と連絡を取っていないと聞きました。
でも、三和建設さんは約3カ月経った今でも連絡をくれますし、相談にものっていただけるので安心しています。
ですから、このままの関係が続くといいなと思っています。これからも宜しくお願いします。