三和建設で新築されたお客様の率直なお声を掲載しています

CASE-4 白を基調にしたナチュラルで明るい家

  • HOME »
  • CASE-4 白を基調にしたナチュラルで明るい家

00.title

1.ご新築をお考えになったきっかけは?01.gaikan

(ご主人様)
以前住んでいたのは独身の時に購入したマンションで、部屋数が足りなくなったのを機に考え始めました。

(奥様)
当初からマンションへの住み替えは考えていませんでした。
マンションは隣の生活音が筒抜けでストレスに感じていましたから。
それと、資産価値として考えた時に、戸建てであれば建物が古くなっても土地には価値があるので、「娘に残せるものは残してあげたい」と戸建てで考えていました。

 

2.三和建設に依頼されたきっかけは?

(ご主人様)
何社か話を伺いましたが、その中でも三和建設さんの営業の方が一番親切でした。

(奥様)
私は実際に宝塚に住んでいた経験があり、「家を建てるなら宝塚が良い」と思い、探していました。
しかし、伊丹市にある住宅展示場(ABCハウジング伊丹昆陽の里住宅公園)で何社か回っても住みたいエリアの土地情報がなく、予算的に山奥や山中になってしまうようでした。

そこで、宝塚で地元に強いのが三和建設さんだと知っていたので、「最後に寄ってみよう」と立ち寄りました。
すると、後日営業の方からなんと有力情報が!「希望エリアに分譲地が販売開始された」とすぐにご連絡をくださり、即決しました。
この地域は都会すぎず、治安の良いエリアで、かつ阪急沿線なのでこの場所にして良かったと思っています。

 

3.家づくりのどんなところにこだわりましたか?

03-1.genkansyuunou(奥様)
こだわり過ぎてどこから話せば良いのか…(笑)。
一番初めにお願いしたのは
玄関収納は絶対につけてほしい
外観は箱っぽい家にしてほしい
ということです。
でも、打ち合わせの中で一番こだわったのは「明るさ」ですね。

以前は主人の好みでダークブラウンの家具が多く、落ち着いた雰囲気でした。
それを今回は白を基調とした「ナチュラルで明るい家」にしたいとこだわりました。

とにかく白にこだわって、明るい家にしたかったんです。
壁紙も白系のものを見せていただいても「黄色っぽいからこれ以外にないか」とランクアップしてしまったぐらい(笑)。

他にも、キッチン横の収納扉の取っ手をなくしてもらったり、キッチンのダイニング側の面材が白だったのを、一体感を出すために木目調にしてもらったりとオプションで対応していただいたぐらいです。

03-2.LDK

 

4.三和建設の担当者の対応はいかがでしたでしょうか?

(奥様)
みなさん、良い方ばかりでした。
営業の方はフットワーク軽く対応してくれましたし、もう一人の方も打ち合わせの時やショールームの見学の時に子供の面倒を見てくれていて本当に助かりました。子供とも仲良しです(笑)。
設計の方は、何を言っても嫌な顔ひとつせず図面を書き直してくださいました。
現場監督の方もいつもニコニコしていて、現場監理はキチッとしてくれましたよ。

 

5.三和建設に依頼して、結果いかがでしたでしょうか?

(奥様)
家を建てたいと考えている人たちにぜひオススメしたいと思います。
実は今も2人ぐらい声をかけているんです(笑)。
長期優良住宅でも比較的費用を抑えて家を建てることができましたから。
とはいえ、私たちはこだわり過ぎて予算を大幅に超えてしまいました(笑)。でも、後悔はしていませんよ。
あとは、社員のみなさん本当にフレンドリーで、敷居が高くないんだなと感じましたね。

 

6.実際にお住いになって、住み心地はいかがでしょうか?

(ご夫婦)
「こうしておけばよかった」と後悔を感じることはないです。

(奥様)06-1.kitchin
キッチンのカウンターも奥行きが広いものにして正解でした。マットを敷いてお鍋を並べることができるので、翌朝には乾いていて便利です。

それと何と言っても洗面室にこだわって良かったです。
初めはカウンターの上に洗面ボウルが乗っていて、少しだけ収納できるようなおしゃれ空間にしたかったんです。
でも、将来的に考えると子供の物も増え、収納が必要になるだろうとそこは諦めました。

06-2.senmen-2それでも諦められなかったのは、「広々とした空間」にすること。
将来、子供が学校へ行く支度が重なって混雑することを考えると、広々と使える洗面台にしたいと思いました。
そこで、カウンターを幅広の1,350mmの幅のものにして、洗面ボウルの位置も片方に寄せました。片寄にできないものが多く悩みましたが、ボウルの反対側は今洗濯物の付け置きをする場所として使っていて便利なので、こうして良かったと満足しています。

実は初めのプランでは通路になっていた場所を洗面室に取り込んで、広さを確保したんです。それぐらい「広さ」にこだわりました。
また、来客時には区切れるようにロールスクリーンも取り付けていただきました。

「こうしておけばよかった」と思うことはありませんが、「こうして良かった」と思うことは他にもありますよ。

06-2.senmen

 

7.今後、三和建設に望むことはどのようなことでしょうか?

(ご主人様)
引渡し後も今まで通り、変わらずにいてほしいです。

(奥様)
困った時はすぐ連絡しますので、助けてください(笑)。
あとは、失礼ながら社屋や展示場をリフォームして、ターゲット層の30~40代に合わせたオシャレな建物にしても良いと思います。
特に展示場は、家を建てようと考え初めのころは住宅展示場を回る方が多いと思いますので、みんなが入りやすい雰囲気作りが大事だと思います。
一歩入って関わったら三和建設さんにして良かったと思うのにもったいないです。

ホームページも同じです。今はインターネットで何でも調べられる時代なので、どんな家を建ててくれるのかが分かるような施工事例などの内容がもっと充実していれば良いと思います。

そうそう、受付の方の制服も!せっかくいつも笑顔で丁寧に接してくれているので、もう少しリボンやスカーフを付けるなどをして華やかにしたらもっと良くなると思いますよ。

 

新築やお建て替えに関するお問い合わせ先 TEL 0120-434-118 9:00~18:00(定休日/水曜・隔週木曜)

PAGETOP
Copyright © 株式会社三和建設 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.