トイレ(便器・温水洗浄便座・便座)のお手入れ方法

トイレは早め早めのお手入れが大切です。汚れに気付いたら、その場でお掃除しましょう。

お手入れ方法
【お手入れの目安】
毎日

image

●便器
便器の上面や周囲に飛び散った小便などは、
そのつど、トイレットペーパーや市販の使い捨てぞうきんでふき取るようにします。
便器の内側は毎日、棒たわしでこすり、
週に一度はトイレ用洗剤を付けてこするのが理想です。

●タンク
手洗い付きのタンクは、手洗いボール内が汚れやすいため、
毎日ぞうきんでふくようにしましょう。

●温水洗浄便座・便座
よく絞ったぞうきんで毎日ふき、週に一度は便座専用洗剤や、
市販の使い捨てぞうきんでふくのが理想です。

●お掃除についてのご注意
フローリングの床は、飛び散った小便をそのまま放置するとしみになることがあります。
目に見えない霧状の小便が飛散していることもありますので、
毎日こまめにふき取りましょう。

※トイレ用洗剤の多くは、陶器に付着したしつこい汚れ落としを目的に開発されています。中には便座の掃除に利用したり付着させると短期間でヒビが入るものがあります。
便座のお手入れには、便座専用の洗剤をご使用ください。

※温水洗浄便座や便座の表面を、乾燥した固いぞうきんなどでふくと
表面にキズが入ります。よく絞ったぞうきんをご使用ください。

※温水洗浄便座は電気製品です。電子部分が多数使用されていますので、
分解したり、湿気が多い場所でのご使用はおやめください。

補修方法

便座のガタつき・割れ

【目安】
月に1回

温水洗浄便座はメーカーや機種によって、方法が異なりますので、
取扱説明書にしたがって点検してください。

温水洗浄便座 便座を手でゆすり、ガタつきをチェックします。ガタつきがある場合には、
温水洗浄便座や便座を固定しているナットのゆるみを直します。
ご自分で補修できない場合には、専門家に修理を依頼しましょう。

便座の割れ、ヒビをチェックします。不
具合がある場合は、専門家に交換を依頼しましょう。

 

温水洗浄便座のフィルター

【目安】
洗浄水量が少なくなったとき

温水洗浄便座のフィルター(ストレーナー)部分が、目詰まりしていることがあります。
この場合は、取扱説明書でフィルター(ストレーナー)の位置と、取り外し方法を確認し、
ブラシなどで、目詰まり部分をクリーニングします。

近くで水道工事などがあった場合、水道配管内のゴミなどが流れ込み
目詰まりすることがあります。

●点検のご注意
補修をおこなう場合や、漏水発生などの緊急の場合は必ず止水栓を閉めてください。

フィルター(ストレーナー)をブラシでクリーニングする時には、強い力を加えますと
網が破損することがありますので、軽くクリーニングしてください。

ワンポイントアドバイス

●便器などのピンク色の汚れの原因は?
便器内の水出し穴付近や浴室のタイルなどに
鮮やかなピンク色の汚れが付着することがあります。
これは空気中に飛散しているバクテリアがその部分に付着して繁殖したことが原因です。
便器に付着した場合は棒たわしでこすると落ちます。

▲ページトップへ戻る