壁クロスのお手入れ方法

壁の汚れは、意外と気になるものです。もう張り替えという前に、ちょっとお手入れしてみませんか。

お手入れ方法
【お手入れの目安】
週に1回程度
【ポイント】
ほこりはやさしく掃除機で。
image

ふだんのお手入れは掃除機かけ
(アタッチメントブラシにして)が一番です。

●汚れのひどい時は
弱アルカリ性の洗剤やお風呂用洗剤(中性)をスポンジなどにスプレーして含ませ、継ぎ目から水分が入らないよう気をつけながら、汚れ部分を「たたいて」いきます。(泡立てる意味で「こする」前にたたいてください)
汚れの原因によって、洗剤を変える必要がありますが、これで落ちない場合は、水を少し混ぜたクリームクレンザーを代わりに使ってみましょう。

image

●注意
imageクロスの敵は水蒸気です。クロスのはがれは
湿気が原因の大半です。 部屋の中に湿気がこもらないよう、 換気には十分気を配りましょう。
特に、閉め切った部屋に
洗濯物を干すのは禁物です。

補修方法

継ぎ目のすきや、浮き、はがれ

●クロスの継ぎ目がすいてきた時
小さなすき間なら、同色のクロス補修剤(クロスかんたん補修セットなど)を薄く塗れば目立たなくなります。

●クロスの継ぎ目が浮いてきた時
  1. 継ぎ目部分のゴミやホコリを、つまようじやピンセットで取り除きます。
  2. つまようじの先に壁紙用補修接着剤を少しつけて、壁紙と下地のすき間を埋め込むように薄く塗ります。
  3. すぐに貼り合わせ、指の腹で押さえてなじませます。

●クロスがはがれた時
下地の汚れを取り除いた後、市販の木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂エマルジョン系接着剤)を水で薄めて貼ってください。

●紙クロス・布クロスにキズがついた時
わずかなヘコミや小さなはがれは市販のクロス補修剤(クロスかんたん補修セットなど)を塗り、はみ出した部分をぬれた布などで拭き取ると、跡も残らず目立ちません。

  1. はがれた部分の汚れやホコリ、接着剤などを取り除き、下地をよく乾燥させます。
  2. 壁紙補修用の接着剤をヘラなどで薄く均一に塗りのばします。
  3. すぐに張り合わせて、内側から端へ心持ち引っ張るように押さえていきます。そのまま3~4時間、乾かします。

    ※大きくはがれたり、はがれやすくなったときは、接着剤で張り合わせてから、画鋲やテープなどで乾くまで仮止めします。

●クロスにカビが付着した時
クロスにカビができたら、水で少し薄めた消毒用アルコールで軽くふき取ります。
裏側までは効果のない、いわば表面的な対処ですが、水分を揮発させ、
同時にカビを殺菌することができます。

 

▲ページトップへ戻る