シャッターのお手入れ方法

シャッターは日常の防犯性だけでなく、台風時に外部の飛散物からガラス割れを防ぎ、雨の侵入も防ぎます。
お手入れすることで外観の見映えが良くなるだけでなく、
空気中のほこりに含まれた塩分による「もらいサビ」の発生を防ぎます。

お手入れ方法

スラッターの汚れ落とし

【お手入れの目安】
3ヶ月に1回
【ポイント】
落ちにくい与汚れは、住まいの洗剤を使いましょう
  1. シャッターを下ろした状態で水洗いし、ほこりを取ります。
  2. 落ちにくい汚れは、住まいの洗剤を薄めた液で水ぶきした後、
    乾いた布で水気をふき取ります。
  3. ガイドレールにシリコンスプレー
    ガイドレールなどにほこりやゴミが固まっていると、スムーズに動きません。ホウキなどでこまめに取り除いてください。
    また、時々シリコンスプレーをさしておくとよいでしょう。

image

補修方法

開閉の重さ、音、施錠
●シャッター雨戸の取り扱い方
シャッターの開閉時(電動を手動で行うと時も)は、必ず中央部を持ってゆっくりと開閉してください。

image

●開かない・閉じない時

  1. 施錠状態でないか→鍵の解除
  2. 障害物がないか→取り除く
  3. 停電でないか(電動シャッター)→通電を確認

シャッターの異常音の発生やシャッターの変形につながり、動かなくなります。
放置すると、取り替え費用は手動シャッターで10万円位かかります。

 

ワンポイントアドバイス

電動シャッターのボックス部分に直接水をかけての洗浄は故障の原因になります。
シャッターのボックスは変形しやすいので、ハシゴをかけたり、
上に乗ったりしないでください。

●シャッター雨戸の取り扱い方
電動シャッター雨戸で、施錠を手で行うタイプは、
雨戸を閉めたあと必ず鍵をかけてください。

▲ページトップへ戻る