窓ガラスのお手入れ方法

屋外から目立つのが、窓ガラスの汚れです。いつもピカピカに磨いて快適に過ごしましょう。

お手入れ方法

ガラスの汚れ落とし

【お手入れの目安】
半月に1回
【ポイント】
ガラス拭きは早朝か曇天日にしましょう。

特に梅雨時や、雨が降ったあとの曇り日に。湿気で汚れが取れやすく、ガラスが反射しないので拭き残しを確認しやすいからです。

  1. ガラス1枚に対し、大きく「×」を描くように洗剤を吹付けます。
  2. 水で濡らし、固く絞ったぞうきんをたたみ、
    折山を窓の端に当てながら4辺を1周するように拭きます。
  3. そのまま同じ要領で、拭く場所がだんだん内側に向かうようにぞうきんを動かします。
  4. 中心まで拭き終わったら、7分程、乾くまで放置します。
  5. 乾いたタオルでカラ拭きします。
    凹凸の多いガラスはガラスクリーナーを吹き付け、
    歯ブラシでこすって汚れを落とします。
ワンポイントアドバイス

image●新聞紙で窓をピカピカに
水に浸した新聞紙をよく絞ってからガラスを拭くと、
汚れがよく落ちてピカピカになります。
それは、新聞印刷に使われるインクのロジンという成分と
石油系の溶剤が作用して汚れを落とし、
ツヤを与えるからです。

●シールはがしもラクラク
洗剤で湿らせた後、ラップをかぶせると、
洗剤が全体に行き渡ります。
7~8分おいてラップをはがすと、シールが上手に取り除けます。

▲ページトップへ戻る