玄関ドア・勝手口ドアのお手入れ方法

玄関は住まいの顔。こまめなお手入れや補修。ドアの建て付け調整などで、
いつも気持ちよく使えるようにしましょう。

お手入れ方法

ドアの表面の汚れ落とし

【お手入れの目安】
月に1回
【ポイント】
まずは、砂ほこり等を取りましょう。

玄関や勝手口のドアは、月に1度位の割合で住まいの洗剤でふいておきましょう。
まず、桟にたまったほこりを歯ブラシや静電気ブラシなどで払い、
次に外枠やガラス部分、ドアハンドルを住まいの洗剤でふき、仕上げに水ぶきしてください。
木製ドアの場合は、からぶき後、木製ドア用のワックスで磨いてください。
汚れが取れると家の見映えが良くなり、さらにサビなどの腐食も防ぐことができます。

補修方法

扉の閉まり速度・音・こすれ・施錠・解錠

ドアの開閉はスムーズにできますか?
ドアが閉まる時、大きな音がしませんか?

●うまく閉まらない時
ストライクの上下のネジをゆるめて前後に動かし、ラッチボルトの位置に合わせてネジで締めてください。

●ドアの開閉速度の調整をしたい時
ドアクローザーの速度調整弁ネジで行ってください。(夏と冬とではドアクローザー内の油の粘度が異なるため速度が違ってきます。一定の速度を保つには、季節ごとに調整してください。)また、ドアクローザーや丁番の回転部分には、シリコンスプレーを塗布しましょう。

●ドアクローザーでの開閉速度の調整方法
※タイプにより速度調整弁のネジは形、数、位置が異なります。 image
※ドアの閉まる適正な時間(開き角度90~0度)は、5~8秒程度です。

(1)Aのネジを左右いずれかに回し、ドアの閉じ始めのスピードを調整する。
(2)Bのネジを4分の1回転内で回し、ドアの閉じ終わりのスピードを調整する。
※ネジは1回転以上回さないでください。油漏れを起こすことがあります。
image

ワンポイントアドバイス

ドアのお手入れには、金属たわしや粉末クレンザー、ベンジン、シンナーなどは使わないでください。

●キーがスムーズでない時
施錠・解錠しづらい時は、キーと鍵穴の両方を点検しましょう。シリコンスプレーまたは専用スプレーは鍵穴だけでなく、キーにも吹きつけておきましょう。
(ミシン油等は粘りがでて、逆効果となりますので使用しないでください。)

▲ページトップへ戻る