住まいを長持ちさせる為の3箇条

住まいを長持ちさせる3箇条

記録は必ず保存

点検の結果、少しでも不具合があった場合には、
早めに修繕工事を実施しましょう。

  • 人間の体と同様に「早期発見・早期治療」が
    重要です。
  • 不具合をそのまま放置すると、ますます状態が
    悪化し、それを元通りに復旧するのに莫大な費用がかかってしまいます。
定期的に点検を

私たちが「人間ドック」を受診したり、自動車に「定期整備点検」が必要なように、住宅も定期点検が必要です。

  • 点検を確実に実施するためには新築時の図面、仕様書等を保管しておきましょう。
  • 「マイホーム維持管理ガイドライン」を参考に、定期的な点検を実施しましょう。なお、「マイホーム維持管理ガイドライン」は、在来木造住宅をベースとして一般的な目安をまとめたものです。その他の工法の住宅やその住宅の仕様、所在地の気候等によっては、点検・補修の項目や時期は異なることがあります。
  • 点検時の記録は「点検・補修記録シート」に記入し、
    保管しましょう。
   
 

修繕・交換は怠らずに

点検をした際の点検結果や、修繕工事を実施した場合の工事図面などを保管しておきましょう。
このことは工事実施以降の点検や数年後に再度、
修繕工事を実施する際の重要な資料となります。
また、ご自宅を売却される場合にも、これらの記録が住宅の価値を判断する際の有効な材料となります。

  • 補修工事をした場合には次の点検記録を「点検・補修記録シート」と一緒に保管しておきましょう。
    • 工事図面
    • 工事請負契約書(約款を含む)
    • 見積書(工事費代金内訳書)
    • 工事箇所に係る写真(工事前・工事後)
  • 将来、住宅を売却する際に、保管してきた記録をそのまま相手に渡すことによって、「住まいが適切に維持管理されている」ことをアピールすることができます。

▲ページトップへ戻る