アフターメンテナンス・保証について

瑕疵担保責任とアフターサービスについて

売買の目的物に隠れた瑕疵があった場合に
売り主が買い主に対して負わなければならない責任のことをいいます。
「隠れた」とは、通常人の注意を払っても発見できないことをいい、
「瑕疵」とはその対象不動産について通常有すべき品質・性能を有しないことをいいます。

例えば、屋根や外壁からの雨漏り、台所の排水不良や漏れ、床の沈みや破損などが
「隠れたる瑕疵」にあたります。
このような瑕疵があった場合には、売主の故意又は過失に関係なく買主は瑕疵担保責任を追及できます。

瑕疵担保責任の内容は、

  • 買主は売主に対して損害賠償の請求をすることができる。
  • その瑕疵のために買主が契約目的を達することができない場合は、解約を解除することができる。

平成12年4月1日に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行され、
新築住宅の取得契約(請負/売買)において、基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、
雨水の浸入を防止する部分)について10年間の瑕疵保証責任が義務づけられることになりました。
また、基本構造部分以外も含めた瑕疵保証責任が、特約を結べば20年まで伸長可能になりました。

新築住宅以外の住宅については、瑕疵担保責任を負う期間は、
宅地建物取引業法では「物件の引渡日から2年以上」とする特約を認めており、
特約が盛り込まれていなければ、民法上の「買主が瑕疵を知ってから1年間」となります。

アフターサービスとは・・・

売買契約上の瑕疵担保責任には住宅の品質確保の促進等に関する法律による特例を除いて
物件の補修義務がありません。(瑕疵担保責任の内容は、損害賠償請求、契約解除のみであるため)

しかしながら、買主の利便を考慮し、売主は物件の不良箇所を無償で補修することがあり、
これをアフターサービスといいます。
ただし、買主の使用上の不注意や経年変化が原因の場合は、アフターサービスの対象になりません。
アフターサービスがある場合でも、サービス期間は、建物の部位や欠陥の状況によって異なりますが
短い場合で1年、長い場合で10年となっています。

▲ページの先頭へ


性能保証の住宅点検について

性能保証住宅は、長期保証を確実なものとするため、新築住宅の完成お引渡し日から丸2年経過直前の3ヶ月間に所定の点検を実施し、住宅保証機構へ点検結果を提出する事になっています。
三和建設では2年目点検の際にお施主様のお立会いのもと、これらの点検をさせていただいています。

※万一の場合の保険金の支払いについて 登録住宅には「保証書」の長期保証の一定部分について
「住宅性能保証責任保険」が掛けられています。
保険の期間中(住宅のお引渡し後満2年が過ぎ10年を経過するまでの間)に
保証書に記載する内容(長期保証部分)の瑕疵を発見した場合、
修補費用から所定の免責金額を差し引いた額の80%が保険金として
保証者(登録業者)に支払われることになります。
通常は修補工事を行う保証者に支払われますが、
保証者が倒産等の事由により保証責任が果たせなくなった場合には、
住宅所有者が保険金受取人になることができます。
住宅所有者に支払われる保険金は、保証開始日が平成16年3月31日以前の住宅の場合、
修補費用から所定の免責額を差し引いた額の80%で、
保証開始日が平成16年4月1日以降の住宅の場合は、
修補費用から所定の免責額を差し引いた額の95%となります。
ただし、いずれの場合に住宅保証機構の承認を得てから補修工事にかかることが条件となりますので、
万一瑕疵が生じた場合には事務機関を通じて必ず住宅保証機構に連絡して下さい。

▲ページの先頭へ



既存住宅の住宅性能表示制度のご案内

住宅性能表示制度は、法律に定められた制度です。
第三者機関が客観的な基準に従って現況調査を行い、部位等・事象別の判定を行うほか、
住宅の劣化等の状況を容易に把握しやすいように適切な維持管理に関する計画などの有無と、
一定項目の検査結果に基づいてその住宅の総合的な判定を行います。

また、三和建設では皆様への便宜を図るため【ハウスインスペクションサービス】を実施しています。

▲ページトップへ戻る