自然の風と光を
かしこく上手に利用する家、
パッシブデザインハウス。

パッシブデザインハウス

パッシブデザインハウス
(Passive-Design House)とは

適切なパッシブデザインが実現された住まいのこと。
こうしたPassive-Design Houseでは、
寒い、暑い、風が通らない、暗いといったストレスから解放され、
1年を通じて小さなエネルギーで心地よく暮らせる住まいとなります。
また、光熱費の負担も小さくなります。

パッシブデザインハウス

冬暖かい住まいを実現するには?

建物の中にある熱をしっかり守ること、つまり建物全体の「保温性能」を上げることが何よりも震要です。そのために壁・天井・床・窓の断熱仕様を考え、一定以上の気密性能を確保します。
次はできるだけたくさんの日射(太陽熱)を採り入れることです。太陽熱で暖められた部屋の心地よさは格別です。さらに蓄熱性を上げることも大きな効果があります。いわゆる高断熱・高気密住宅とPassive-Design Houseの最大の違いは、建物の性能の向上だけでなく日射や蓄熱のことも考えながら設計に向かうところです。

夏涼しい住まいを実現するには?

まずはできるだけ夏の強い日差しを室内に入れないことが重要です。ここが不十分だと、どうしてもエアコンに大きく頼る住まいになってしまいます。そのために庇や軒の仕様を考え、日除け効果の高い装置を窓まわりに設置することがポイントになります。
次は風通しです。敷地によく吹く風向きがあるかを把握し、建物の中での風の流れを考えながら窓の配置や大きさを決めることが重要です。風通しの善し悪しは、夏だけではなく春や秋といった季節での心地よさも左右します。

自然光で明るい住まいを実現するには?

たくさん窓を設ければ明るい住まいになるのは当然ですが、そうすると冬には熱が逃げやすく、夏には日差しが人りやすくなってしまいます。採光や外観デザインとのバランスも考えながら、すべての部屋に自然光が入るように、吹き抜けを設けて光を落としたり、欄間や室内ドアから光を通す設計の工夫を検討します。

Passive-Designにおける5つのデザイン

Passive-Designにおける5つのデザイン

パッシブデザインとは下記の5つのデザインを、適切に建物に組み込む設計技術です。様々なところでこれらのデザインは対立することがあるため、いかにうまくその対立を解消するかがパッシブデザインの最大のポイントになります。

断熱

断熱性能を高めることは建物全体の保温性能を向上させ、様々なメリットを与えてくれます。このメリットはとても大きく、逆に一定の断熱性能が確保されないときのデメリットがとても大きいため、建物に一定以上の断熱性能を組み込むことがPassive-Design Houseのベースをつくることになります。

日射遮へい

夏の暑い日差しを室内に入れないための日射遮へいは、夏期における快適と省エネを実現させるための基本中の基本です。 最近になって断熱性能はかなり注目されるようになってきましたが、日射遮へい性能についてはまだまだ理解や工夫が足らないように思います。とくに「新熱性能(保温性能)を高めてい<と、夏の室肉が少しずつ暑くなってい<」という現象が起きるのですが、この問題を解消するには日射遮へいのデザインをしっかり考えることが何より重要です。

通風

レベルの高い通風のデザインを進めていくときのキーワードとして挙げられるのが「卓越風向」「立体通風」「高窓」「ウィンドキャッチャー」です。建物の中での風の流れを予測しながら窓の配置や大きさを考えることを基本に、こうしたキーワードを建物に組み込むことがポイントになります。

昼光利用

昼光利用のデザインが目指すのは、昼間に人工照明を点けなくても過ごせるようにすることであり、また自然光による快適な明るさを実現させることです。
そのときの基本は
●昼間に長く過ごす部屋には2面に窓を設ける
●それ以外の部屋には少なくとも1面に窓を設ける
ということなのですが、他にも様々な「技」があります。

日射熱利用暖房

「日射熱利用暖房」とはその言葉の通り、冬に日射熱を室内に採り入れて暖房に使うという設計技術です。このときに重要になるのが、
●日射熱を採り入れる「集熱」
●入った日射熱を逃がさないための「断熱」
●入った日射熱を蓄えておく「蓄熱」
の3つのデザインをしっかり考えることです。
この3つが高いレベルで実現できれば、快適性と省エネルギー性が極めて高い建物になります。ただし、地域によっては日射熱利用暖房があまり効果的ではない場合があったり、敷地の南側に建物などがあると冬の日射が遮られ十分な集熱ができないため、事前の検討を行うことが重要です。

「Passive-Design House」Passive Design Technical Forum刊 転載