ご挨拶

三和建設はさらなる変革に挑戦し、お客様満足を高めてまいります。

2月11日、三和建設は創業51周年を迎えました。
企業として新たな50年への歩みが始まる年。
何よりもお客様を第一に、さらなる変革を推進してまいります。


平素は格別のご愛顧を賜わり深くお礼申し上げます。
このたびお陰をもちまして、2月11日に創業51周年を迎えることができました。
これもひとえに、お客様、そして関係者皆様のご支援とご厚情の賜物と改めて感謝申し上げます。

年頭にも申し上げましたとおり、今年は「さらなる変革へ挑戦する年」と捉え、
社員一人ひとりが常にお客様に対する感謝の心と、自分に対する厳しさを一段と高く持って責任を果たし、
既成概念に捉われずに日々の行動の本質を見直し、「当たり前のことを当り前にする」社内文化を徹底し、
地域に貢献できる会社であり続けるためにお客様第一とする業務改革と商品づくりに取り組んでまいります。
 
皆様もご存知の通り、住宅余剰(ストック住宅や空き家の増加問題)、消費増税、少子高齢化、
技術的な人手不足、環境・エネルギー問題等々、建設業を取り巻く課題は数多くあります。
しかしながら、私たちには半世紀にわたり培った技術と知恵があり、
そして何よりも、地域の皆様方からいただいた大きな信頼と責任があります。
全社をあげて明確な価値観を持ち、感性価値を高めた「誠意のある仕事」をする覚悟をもって前進すれば
自ずと道は開けるものと信じます。

また、今年5月には西宮市での「RC造外断熱型・新モデルハウス」のオープンを予定しており、
さらには環境やエネルギー問題をふまえた「パッシブデザイン」を活用した新たな住宅提案手法の活用等、
お客様にとってあらゆる面で他よりも先を行く性能の高い住宅提案を推進してまいります。

弊社の企業理念は、住まいづくり・街づくりを通して「お客様に幸せを届けること」です。
お引渡し後も充実したアフターサービスやリフォーム・リノベーション等でお客様との末永く続くご縁を大切にし、
三和建設グループが、これからもずっと地域の皆様に求められる会社であり続けることができるよう
また、社会の変化に追従し、新たな企業成長を果たせるよう、一層の経営努力をいたしてまいります。

これからも変わらぬご愛顧を賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016年2月吉日

代表取締役社長
藪内 剛