社内には、消火器や自動火災報知設備の消防用設備等が設置されていますが、火災が発生しない限り使用することがないため、いざという時に確実に作動し機能するかどうかを日頃から確認しておくことが重要です。機器点検は半年に1回、総合点検は1年に1回行う事が消防法に定められています。

消防設備機器の点検には資格が必要になるので、いつもお世話になっている大橋防災社様にお願いしました。撮影の許可をいただきありがとうございます!

点検は二人一組で行い、点検担当者の方が手に持っている長い棒を煙感知器に押し当て、装置から煙を発生させることで作動試験行います。

赤丸箇所が煙感知器です

もう一人の方が火災受信機をチェックしており、発報がきちんと表示するか否かを確認します。
社内の煙感知器はすべて正常に作動しているか、防火扉は機能しているかなど、無線で連絡を取り合いながらほぼ一日がかりで点検作業が行われました。受信機が作動するとかなり大きな音がなるので点検だと分かっていても驚いてしまいます。点検以外でこの音を聞かないことが一番ですが、「もしも」に備えて避難経路や消火器の場所を再確認しておかなければと思います。

消防設備が問題なく作動するか確認されています。

点検結果は本社の場合3年に1度、管轄の消防署へ提出することが消防法的に義務付けられています。点検結果の報告をしなかったり、又は虚偽の報告をした場合は罰則があります。

点検結果報告書例

報告書の中には消火器の位置なども記載されています。

建てた後の住まいにも点検は必要ですよね。三和建設ではお引渡し後「3ヶ月」「1年」「2年」「5年」「10年」の節目に定期点検を行っております。気になる箇所があればいつでも無料で行う「あんしん点検」もございます。ご新築いただいたお客様はもちろん、リフォームやメンテナンスをさせていただいたお客様が安心してお住いいただけるよう発足したサービスでございます。不具合や気になる事がございましたらお気軽に「三和のお客様あんしん倶楽部」専用フリーダイヤル0120-844-138までご連絡くださいませ。