先日、当社の本社にあるショールームが撮影スポットとなりました!
何の撮影スポットかというと…インテリアコーディネートです。
実はインテリアデコレーターの佐藤 留美さんから弊社ショールームを「撮影場所として活用させてほしい」とご依頼をいただいたのです。

撮影スポットとなったショールーム「インテリアスタイル・ラグジュアリー」

佐藤 留美さんは、弊社ショールーム(上の写真)のテーブルコーディネートを始めとした飾り付けを手掛けていただいた方で、西宮展示場「RCギャラリー西宮」で開催しているイベントの講師としてもお世話になっています。
佐藤さんが講師を務めるテーブルコーディネートのイベントは大変人気で、開催が決まるとすぐに予約が入り、キャンセル待ちになる程です。

その佐藤 留美さんが10月からある食器メーカーのアンバサダーに就任されました!!
就任された食器メーカーとは、スタイリッシュモダンを得意とするインテリア食器ブランド「andCtokyo」。
2018年10月から2019年4月までの半年間、アンバサダーを務めるそうです。

今回はその「andCtokyo」の食器を使った生活を多くの人に伝えられるようにと、ご自身のSNSに掲載する写真撮影のためにいらっしゃいました。

新本社内に併設している2つのショールームの内、「andCtokyo」のイメージに合う「インテリアスタイル・ラグジュアリー」をテーマとしたショールームを利用して、早速コーディネートが始まりました。

 

色や高さ、空間など、全体のバランスを見ながら配置されています。
配置完了→撮影→微調整→撮影…というのを繰り返されていました。

そうしてできた、実際にコーディネートされたものがこちら!

約2時間ほどで、こんなにも素敵なコーディネートに!
こうしてコーディネートした写真を見ることで、どのように食器を取り入れると良いのかをイメージしやすくなりますね。

最後に当社の設計・面野(オモノ)が記念撮影させていただきました。


■佐藤 留美さん プロフィール

インテリアコーディネーター
食空間コーディネーター
照明プランナー

川島織物インテリアコーディネートスクール終了後、約20年間インテリアコーディネーター・照明プランナーとしてインテリア商品の販売や注文住宅のトータルコーディネートに従事。現在はPanasonic在宅照明プランナーでもある。 その後「部屋のドアを開けた瞬間、瞬時に人を輝かせるテーブルコーディネート」に魅せられてテーブルコーディネートを学び、うめだ阪急本店・音羽山荘をはじめ各所でのテーブル展示で活躍中。モットーは「インテリアとテーブルコーディネートで、素敵なライフスタイル提案をし、社会に貢献したい。」