宝塚は不安定なお天気が続いています。三連休の初日、ご家族での旅行やお子さまの運動会を予定されて

いた方には、少し残念な空模様となってしまいました。

 

 

 

昨日も朝から雨が降っていた宝塚ですが、新社屋建設現場では来春入社予定の新卒内定者の二名を

お迎えし、現場見学会が行なわれました。

 

現場監督の田浦所長によるレクチャー

内部の見学

 

内定のお二人は、ともに現場監督志望。これだけ大きな現場を見学できるとあって、田浦所長の説明に

熱心に耳を傾けていました。

 

1階内部の見学

 

次は足場を上がって、床型枠の建て込みを終えた3階へ。

実際の現場を目の前に、机上ではわからない工事の内容や現場監理など、実務を踏まえた説明が続きます。

 

足場を上がって3階を見学

 

現場事務所へ移動し、施工図を見せてもらいます。

話は技術的な説明に始まり、段々と自身の経験談へ移り、最後は現場監督という仕事の醍醐味を‘熱く’語ってくれた監督。

先輩社員のホンネを交えた話を聞いたお二人は、入社後のイメージを膨らませることができたでしょうか?どんな仕事をしていきたいか、どういう現場監督になりたいか、などなど。。

これから色々な経験を積んで、沢山のことを吸収していく中で、今日の現場見学で見たこと・聞いたことを思い出して、一人前の現場監督に成長してくれることを心から期待しています。