宝塚市は毎年花火大会を催していましたが、今年は少し趣向を変えての花火大会が行われます。

今年はギネス記録に挑戦する花火大会です。日本一長い線香花火でギネス記録に挑戦します。

どのようなギネス記録かというと、「同時に手持ち花火をつけた最多人数」の記録で、従来の記録は韓国で達成された1700名です。

今年宝塚市はそれを上回るイベントを計画されました。すでに2000人以上が申し込まれているそうです。

三和建設も協賛しています。社員の中にはこの大会に参加するものもいます。

花火大会申込書

花火は、もともとお盆の時期に先祖の霊をお迎えする「迎え火」、お迎えした霊を送る「送り火」に起源があると言われます。供養のために花火を上げる地域もあります。先日NHKで生中継されていた長岡まつり大花火大会でも復興祈願の花火フェニックスを上げておられました。

単に楽しむためだけではなく、花火を上げて目に見えない何かに思いを寄せる習慣が連綿と続いているのかもしれません。

今年の宝塚花火大会に宗教的な意味合いはありませんでしょうが、ギネス記録を打ち立てるという思いが達成できることは願っています。

宝塚市は宝塚歌劇が有名ですが、それ以外にも今年、2年に一度の「だんじりパレード」が開催されたり、大相撲宝塚場所が開かれたりと、当社の本社近くもにぎやかでした。にぎやかさで地域も元気さを一層高めていければと思います。