皆さん、こんにちは。
伊丹展示場で営業している田上(タノウエ)です。

本日は、毎月開催しているSE構法の定例勉強会について話をさせていただきます。
現在、SE構法に加盟している工務店は全国で520社ございますが、その内「重量木骨の家」に加盟しているプレミアムパートナーは全国に約13%の66社しかありません。
※重量木骨の家とは、重量木骨プレミアムパートナーが耐震構法SE構法を利用して建築する資産価値の高い家の総称です。
弊社を担当している株式会社エヌ・シー・エヌの荒木さんは、7社担当されており弊社はその中の1社です。兵庫県内では弊社のみご担当いただいています。

定例勉強会では、毎月新しい情報やイベントの開催相談、またお客様のネット検索情報の相談等を行っています。そのやり取りの中で、新しいメンバーの冨田くんが関心を持った内容を記載致します。

手前味噌になりますが、弊社は財務内容が良い事もあり、SE構法で建てた家は「全棟完成保証」が付保されます。全国展開されている住宅メーカーでも、「全棟完成保証」が付保されている会社は稀だと言う事です。また在来工法からSE構法へ工法変更された工務店様の話を聞くと、在来工法の時は品質にバラツキが出る事が多く建具等の調整でクレームが多かったと言われます。

それがSE構法へ工法変更してからは、クレームやメンテナンスに行く回数が激減したと仰っていました。
理由はSE構法は基礎から建物まで構造計算されており、お施主様が大きな吹き抜けや広いスパンのビルトインガレージを要望されたとしても強風や道路の振動で構造が揺れることが少なく、クロスが切れてくる事が少ない為、クレームやメンテナンスに行く回数が激減しました。といったお話です。

弊社のモデルハウスも、5.4mの高さで大変大きな吹き抜けを取っておりますので一度ご覧いただければと思います。ご自身で性能を確かめたい方は、ぜひABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園内の株式会社三和建設の伊丹展示場へお越し下さい。皆様のご来館を、お待ち申し上げております。

伊丹展示場の詳しい住所はこちらから