着々と工事が進む新社屋建設現場で、昨日は基礎の配筋検査を行ないました。

 

「配筋検査」とは、鉄筋コンクリート造の建物において、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。

検査を行なうのは、プロジェクトリーダーで設計監理者の田村と、実施設計担当の黒野です。

 

鉄筋の太さ、鉄筋の並ぶピッチ、そして鉄筋のつなぎ方(継手)に問題がないかなど、細かくチェックしていきます。

ひととおりの検査を終えて、

「綺麗にしっかりできている。さすが、(現場監督の)田浦くんだな!」とご満悦の田村部長(笑)

これまで、数多くの鉄筋コンクリート住宅や集合住宅を手掛けてきたRC建設部。

その設計力と技術力を結集したこの新社屋プロジェクトに、ますます期待が高まります。