5月も終盤を迎え、大阪や奈良では30℃を超す真夏日となったこの日、現場では新社屋建設工事が進んでいました。

先週に引き続き、掘削作業中です

 

と、私から見て奥の方にニョキっと4本の支柱が。

「タワークレーンの基礎ですよ」と現場監督の田浦所長。

タワークレーン設置の基礎

 

タワークレーンとは、おもに高層ビルや大型建造物の建設に使われるクレーンのことです。

ビルやマンションの建設現場で、目にすることもありますよね。

 

今回の新社屋建設においても、その規模と作業効率性から、タワークレーンを使うとのこと。

あらためて、大掛かりな工事になるんだなぁと実感しました。

ますます、進捗が楽しみです!