新社屋の建築工事は3階部分の型枠工事まで進んでいます。

ポストが外された1階

1階部分は林立していたポストも外され、型枠も外されています。まだ多くの資材が置かれているもののコンクリート建物が持つ重厚さが漂い始めている感じがします。

新社屋の外観の特徴の一つ、丸みを帯びた外壁もきれいに出ています。

1階から2階への階段部

10月6日には内定者の新社屋現場見学会が予定されています。生の現場を見て、現場管理の苦労や喜びを聞いて、来春からの仕事の意気込みに良い刺激を受けていただければと思います。