「別館感謝の集い」で別館への想いを募らせた4日後、
新社屋建設にあたって大事な式典がありました。

安全第一!「安全祈願祭」を執り行いました!

安全祈願祭とは、土地の神様や工事の守護神を祀り、工事の安全を祈る儀式とされています。

弊社では解体工事を前日に控えた9月30日(金)、取締役をはじめ、各部署の責任者および
工事関係者が弊社の別館に集まり、「安全祈願祭」が執り行われました。

001
宝塚市山本にある松尾神社の宮司様をお招きし、関係者と建物のお祓いをしていただきました。
まずは関係者。その次に別館の各所を回り、建物の4隅や入口、水廻りなどをお祓いしていただきました!

002-02

その後、代表取締役社長の藪内によって1階応接室の扉が外されました!

006

社長の藪内によって扉が
取り外されます

 

 

え、それが何の関係があるの?
そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらは「取毀の儀(とりこわしのぎ)」といわれる立派な儀式で、
建具を取り外すことで、神様に建物を壊すことをお伝えします。
神様にお伝えする方法は他にもありますが、
弊社では建具を外すことになりました。

その後も儀式は続き、約1時間半に及ぶ安全祈願祭は
無事終了いたしました。

 

 

それでは、いよいよ三和建設別館「住まいの創造ショウルーム」の解体工事の様子に戻りましょう!
新しい社屋に期待を寄せながら、レポートを続けます!

なお工事中、近隣の皆さまにはご迷惑とご不便をおかけいたしますが
ご協力のほど宜しくお願いいたします。