日々の掃除の中で気になるところと言えば、やはりキッチン廻りではないでしょうか?
ほぼ毎日使用するため、汚れやすい場所になりますね。リビングや寝室とは違って、食べ物の雑菌、水垢汚れや油汚れなど、少し大変な汚れが多い場所と言えそうです。

今回は、キッチン廻りのお手入れ方法をご紹介いたします。

コンロ・IHクッキングヒーターのお手入れ・お掃除方法

コンロには油汚れと焦げつきが目立ちます。放置された汚れはどんどん頑固になるので、ちょっとこすっただけでは落ちません。
アルカリ性洗剤をまんべんなくしっかりかけて、2時間ほどおいてからこすり洗いするのがおすすめです。

準備するもの
  • セスキ炭酸ソーダと重曹
  • クレンザー
  • ラップ
  • 布巾
お手入れ方法 (ガスコンロの場合)
  1. 汚れに炭酸ソーダまたは重曹を粉の状態でまぶす。
  2. 汚れが馴染むまで5分程度放置する。
  3. 汚れと炭酸ソーダを拭き取る。洗剤が残らないよう、かたく絞った布で水ぶきします。
  4. 五徳が入る大きさの鍋に水1リットルと重曹大さじ2杯を入れて火にかける。
  5. 沸騰したら弱火にし、五徳を入れて5分ほど煮て煮沸消毒する。
  6. 五徳が鍋から取り出せる温度に冷めるまで放置する。
  7. スポンジや使い古しの歯ブラシで汚れをこする。
  8. 汚れが落ちたら、水で汚れと重曹水を洗い流して乾かす。
  9. 以上で、完了です。
お手入れ方法 (IHクッキングヒーターの場合)
  1. 水を含ませた布巾IHコンロを磨く。
  2. きれいな濡れ布巾でもう一度プレートをふいて仕上げる。
  3. (それでも取れない焦げ付き汚れの場合)焦げ付きが気になる部分にクレンザーをかける。
  4. クレンザーをかけた部分をラップでこする。
  5. きれいな濡れ布巾をで拭きとる。
  6. 以上で、完了です。
お手入れのコツ
  • キッチンの汚れは時間を置けば置くほど落ちにくくなるものなので、「汚れがついたときにすぐ拭く」のがキレイなキッチンを保つコツ。
  • 毎回掃除するのは面倒くさい…と思うかもしれませんが、使ったらすぐに拭き取る「ちょこっと掃除」をするくらいならそれほど手間ではなりません。
  • お手入れの際には手袋をご利用ください。

※種類によってお手入れ方法が異なる場合がございます。予めご了承ください。
お手入れの際には必ず取り扱い説明書をご確認くださいますようお願い申し上げます。