FIT法。「フィットほう」と読めばいいのでしょうか。読みは簡単ですが何のことやら。

FITは、Feed-in Tariffsのそれぞれの単語の頭文字から取られた言葉で、意味は「固定買取価格制度」です。

太陽光発電などで作られた再生可能エネルギーの買取制度のことですが、その制度が今年4月1日から新しくなっています。

既に資源エネルギー庁から今年の3月ごろには該当する事業者(一般家庭も含みます)に制度改正にあたってのお知らせハガキが郵送されています。

資源エネルギー庁からのハガキ

念のために当社のお客様で該当される方々に順次電話で確認の連絡を行っているところです。今までのところ、ほとんどの方がこのハガキに気づいておられませんでした。

気づいておられない方が多いと逆にこちらが不安になりますので、ハガキにも記されている資源エネルギー庁の問い合わせ先に電話をしました。

先方の担当者が言われるには、平成24年7月1日以降に設備認定を受けて発電を開始した事業者は、発電量に関係なく、所定の書類を9月末までに提出してください、とのことでした。

所定の書類は、資源エネルギー庁のサイト内に載っています。

制度改正の案内ページ

制度改正の案内ページ

資源エネルギー庁の問い合わせ先電話はなかなかつながりませんでした。問い合わせが殺到しているのでしょうか。当社のお客様には順次ご案内してまいりますが、お客様以外でも該当する方がおられましたら資源エネルギー庁のホームページで改正制度を確認して、手続きを始めてください。

 

当社の旧別館にも太陽光発電パネルが取り付けられ、発電していました。

旧別館に設置されていた太陽光発電パネル

1年ほど前に写された写真ですが、早くも懐かしい感じがわいてきます。

今は大事に保管され、新社屋の完成を待っています。