こんにちは。伊丹展示場の森下です。
『SE構法ビルトインガレージ3階建の家』の建築現場リポートVol.3をお届けします。

10月に古家を解体、11月末に基礎工事着工しました。前回に続いて基礎工事をリポートします。
前回のブログ→『SE構法ビルトインガレージ3階建の家』の建築現場リポートVol.2

基礎が完成してしまうと見えなくなるので、深基礎について少しふれておきます。
この建物の基礎はべた基礎で、一部、敷地の手前側を逆梁の深基礎で施工します。

手前が深基礎。奥は普通の深さの基礎。(捨てコン後)
掘っている深さ(捨てコン打設面の高さ)が異なります。

ブログVol.1をご覧いただくと分かるように、
この敷地は傾斜地でもありませんし、道路と高低差がある訳でもありません。

なぜ、一部だけ深基礎にするかというと、
敷地の手前側、ビルトインガレージの部分は柱と柱の間が6100mmもあるから。
木造で、4m×6m強の空間を、途中の柱なしで建てます。SE構法ならでは!の大空間です。
そしてビルトインガレージの上は、2階の居室があります。
それだけの荷重が3方の柱と壁にかかるので、深基礎にして強度を上げます。
傾斜地の深基礎と異なり、完成すると普通の基礎のようにしか見えませんが
基礎も構造計算するSE構法ならではの安心が詰まっています。

基礎配筋が組みあがったら、パネルを組み、いよいよコンクリートを流し込みます。
まずは基礎の土台部分、ベースコンクリート打設です。

基礎のベースコンクリートを打設中

基礎のベースコンクリートを打設中
上に飛び出ている鉄筋は、立ち上がり部分用です

基礎のベースコンクリート打設完了
養生して固まるまで待ちます

基礎ベースコンクリート打設から6日後、
基礎立ち上がりコンクリートを打設しました。

基礎の立ち上がりコンクリートの
パネル組みあげ中

基礎立ち上がりコンクリート打設中

この後、再び養生してコンクリートが固まると基礎完成です!

前回のブログ→建築現場リポート『SE構法ビルトインガレージ3階建の家』-Vol.2-

SE構法についてはこちら→https://www.sanwakensetsu.co.jp/sanwa-se/