皆さん、こんにちは。伊丹展示場の田上(タノウエ)です。

緊急事態宣言後、3回目の土・日。
伊丹展示場も住宅購入相談のお客様が増えて来ています・・・。

5月21日に関西地域の緊急事態宣言が解除されてから今週は3回目の土日をむかえます。
伊丹展示場は先週から少ーしずつですが来場客が増えて来ています。
お客様からも『思い切って来てみました!』的な雰囲気が伝わってきます。

会場は当面の間、お子様がたくさん集まるようなイベントやワークショップは中止されていますが、
コロナの影響でご自宅の建築計画を一旦棚上げされていた方がようやく動き始めた感じです。
実際、私どもでも相談件数が増えてきました。

外出を自粛している間にネットで勉強された方が多いようです・・・。

マイホームを考えておられる方は “巣ごもり” 中であっても、
ネット検索やYouTubeで色々と調べたり勉強された方が多かったようです。

一方、ネットで配信する側にも自粛期間中にYouTubeで人気が高まった会社や専門家がおられ
パッシブデザインで従来から人気セミナーを開催されている松尾設計の松尾先生などは
今回新たにYouTube配信を始められ、このところ登録者数が急激に増えているようです。

わたしたちも、お客様の役に立てることを色々と取り組んでいきたいと思案しているところです。

これからは家にいながら受けるオンラインセミナーが普通になるかも。

今、行っている取り組みのひとつに、
『今すぐでは無く、“数年先”になるけど、注文建築で家を建てたい』方を対象とした個別セミナーを行なっています。個別ですから電話でもネット経由でも可能で、気軽に参加していただけます。

先週末には早速、仙台にお住いのお客様にお電話とネットでセミナーを受けていただきました。
この方は、将来、関西への転勤で、奥様の実家がある大阪近郊での新築をご予定されていますので
色々な情報が不可欠です。
その他大勢の方を対象としたセミナーより、ピンポイントで質疑ができるのがメリットだと思います。

さらに言うと、私たちのモットーとしてセミナーを行う際は、絶対に“自社の売り込み”はいたしません。
“これ”をやってしまうと、お客様はドン引きしてしまいますよね。
仙台のお客様も私に“そういった発言”が無いので、安心して聴いていただけたようでした。

そのあと、お客様とは引き続きZoom(オンライン)を使って資料などもお見せしながら
「建築に関すること」と「お金に関すること」を、計2時間ほどお話しさせていただきました。

たとえば、建築については、「これから建てる家は、UA値が0.46(W/㎡・K)以下の性能が良い」とか、
「C値は1(cm2/m2)以下で、キチンと気密測定をしている会社が良い」とかの話をしました。

またお金に関しては、住宅ローンを組むということは、生命保険に加入することに値するため、
《家計の見直し》が必要になることを説明し、定年退職後の住まい方や、年金の受け取り方などについても触れています。

その他大勢で受けるセミナーより
オンラインで受ける個別相談の方が増えるかも。

このようにマイホームを持つには色々な知識を必要としますが、複雑でかなり難しいものです。
ですから私たちプロが持つ知識を存分に利用して、ご自分たちの答えを導き出していただければ、
より良いマイホームに近づけると思います。
そしてこれからは、どんどん個別のオンライン相談や勉強会が増える予感がします。

そのための時間なら惜しまず提供いたしますので、ぜひ、お声がけください。
お待ちしています!

(伊丹展示場 店長/田上 共浩)